1. 悪玉コレステロールを下げるサプリ
  2. コレステロール
  3. ≫青汁が悪玉コレステロール値を低下させるって本当!? ~青汁の効能や効果~

青汁が悪玉コレステロール値を低下させるって本当!? ~青汁の効能や効果~

◆悪玉コレステロールは体に悪いものではない

″悪玉コレステロール″と聞いて、まず思い浮かぶのは悪玉というだけあって体に悪いコレステロールであろうというイメージ。

しかしこの悪玉コレステロールにもちゃんも体に対する良い役割があり、決して体に悪いものではないのです。

◆コレステロールの役割

体内の脂質には沢山の種類があり、その脂質の仲間であるコレステロールというのには二種類あります。
善玉コレステロール(HDLコレステロール)と悪玉コレステロール(LDLコレステロール)というものをご存知でしょうか?
よく健康診断やテレビで耳にしたことがあると思います。

善玉コレステロールには、血管内壁に沈着したコレステロールや体内に不必要、余ったコレステロールを回収し肝臓へ運んでくれる役割があります。

一方悪玉コレステロールは、肝臓から体全身へ必要なコレステロールを血流にのって運ぶ役割をしてくれます。善玉コレステロールと悪玉コレステロールは体に必要、不必要なコレステロールを運ぶ良い働きをしてくれるのです。

◆では何故悪玉コレステロールが悪いとされるのか?

前述で悪玉コレステロールは必要なコレステロールを体全身へ運ぶ役割を果たすとお話しましたが、この運ぶ量が増えすぎてしまうと血管内壁にコレステロールがへばりついてしまい、動脈硬化や心筋梗塞等の悪い病気のリスクを高めてしまいます。これが『悪玉』と呼ばれる理由の一つです。

◆悪玉コレステロール値が増えてしまうのは何故?

要因は人それぞれあるかとは思いますが、一番の原因として考えられるのが、偏った食生活や脂分の高い食事、過剰なアルコール摂取による肝機能低下によるものと言われています。

油を多く使った料理や、脂分を多く含む肉類、内蔵類(レバー等)や卵には多くのコレステロールが含まれています。美味しいのはよくわかりますが、美味しいものほど摂りすぎは体に毒です。

またアルコール摂取が多い方は肝機能が弱まりコレステロールの量をうまく調整できなくなり、増加する量が増えてしまうことも原因となっています。

こういった場合は、偏った食事を抑えるか、アルコールを減らすか、薬に頼る、野菜等の体に良いものを摂る他ありません。

しかしコレステロール値を下げる薬というのは肝臓、腎臓に負担をかけやすくあまり長く服用できるものでもありません。

食事制限、アルコールを生活から無くすというのは欲望との戦い、かなりきついものになります。ストレスも溜まりますよね。

◆青汁でコレステロール値を下げよう!

青汁には血中のコレステロールを低下させる働きをしてくれます。
青汁には″ケール・大麦若葉・明日葉″という原料が使われており、これらの原料には食物繊維が豊富に含まれています。

青汁に含まれている食物繊維は水溶性(水に溶けやすい)であり、体内のコレステロールを吸着し便として外へ排出してくれる効果があります。その上便通もよくなり便秘の悩みも解決してくれます。

また、豊富に含まれるビタミンCはコレステロールを胆汁酸に変えて体外へ排出する役割を果たしてくれます。コレステロール値が高くなるのを防いでくれるわけですね。

また、ビタミンB群、Eをあわせ持つ青汁は動脈硬化等の病気から予防をしてくれます。

コレステロールにだけではなく、栄養素が沢山含まれているので、他の病気からも体を守り、免疫力を高めてくれるのが青汁の役割です。

◆最後に

青汁は野菜の絞り汁から作られていることから昔から『苦い・まずい』等のイメージがついてきていますが、近年では美容、ダイエットの場でも活躍してきているとても体に良いものです。飲み方の工夫次第でとても飲みやすい方法もあるようなので、健康の為に是非飲んでみて頂きたいと思います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。