1. 悪玉コレステロールを下げるサプリ
  2. コレステロール
  3. ≫悪玉コレステロールって何が悪いの?

悪玉コレステロールって何が悪いの?

健康診断で「コレステロール値が高い」と指摘された経験のある人も多いはず。
そしてコレステロール値にも善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあります。一般的に問題視されるのは、後者の悪玉コレステロール値が高い場合ですね。
それでは、悪玉コレステロールが悪いとされているのは、具体的に体にどのような影響があるからなのでしょうか?

コレステロールとは

コレステロールというのは脂質の一種で、それ自体が悪者であるかのようなイメージもありますが、体の中で細胞膜や消化液、ホルモンなどの原料になるものです。つまり、人間が生命を維持するために必要不可欠な物質なのです。
そしてコレステロールには善玉(HDL)コレステロールと、悪玉(LDL)コレステロールが存在します。
ここで重要なのが、「善玉は体に重要で悪玉は体に不要、という訳ではない」ということです。むしろ悪玉コレステロールも細胞膜などの原料になりますし、全身にコレステロールを運ぶ働きがあり、体にとっては必要なものなのです。

悪玉コレステロールが体に悪いのはなぜ?

悪玉コレステロールが体に悪影響を及ぼしてしまうのは善玉と悪玉のバランスが悪くなってしまった時、つまり悪玉コレステロールが増えすぎてしまったときです。
こうなると、血中に溜まった悪玉コレステロールは動脈の壁に入り込んでしまいます。その結果、血管が硬くなったり血流が悪くなり、最終的には動脈硬化になってしまうのです。
動脈硬化になると血栓が出来やすくなるなど心臓に負担がかかり、心筋梗塞や脳梗塞など命に係わる場合もある様々な疾患のリスクが大きく上がってしまいます。
ただ、多少悪玉コレステロール値が高めでも、善玉コレステロール値も高ければ特に大きな問題はないとされています。これは、善玉が動脈に溜まった悪玉を引き抜いて肝臓に集めるという働きをするからです。
ですので、大事なのは善玉と悪玉のバランスだと言えますね。

悪玉コレステロール値を下げるには?

悪玉コレステロール値がかなり高いとか善玉コレステロール値とのバランスが悪いという場合は、普段の生活や食事を見直す必要があります。
悪玉コレステロール値を下げるには、まずは動物性脂肪を含む食品や脂っこい食べ物は控えるようにしましょう。
そして血中の善玉コレステロールを増やす作用が期待できるDHAを含む青魚などを積極的に食べると良いでしょう。
また、食物繊維にはコレステロールの吸収を阻害する作用がありますので、食物繊維を摂るのもオススメです。
さらに運動を定期的にするようにしたいものです。
悪玉コレステロール値が高い人におすすめの運動は、脂肪をエネルギー源とする有酸素運動です。善玉コレステロールを増やす働きもありますよ。

まとめ

ここでは、コレステロールとは何か、そして一般的に体に悪いとされている悪玉コレステロールとは何が体に悪いのか?という点についてまとめました。
様々な病気のリスクを下げて健康的な毎日を過ごすためにも、普段から悪玉コレステロール値が高くならないような生活習慣や食習慣を心がけたいですね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。