1. 悪玉コレステロールを下げるサプリ
  2. 脂質異常症
  3. ≫脂質異常症は太りやすい?皮下脂肪の効率良い減らし方とは

脂質異常症は太りやすい?皮下脂肪の効率良い減らし方とは

皆さん誰もが気にすることとして体脂肪があります。体内の脂肪を大きく二つに分けると内臓脂肪と皮下脂肪があります。今回はそのうち特に減らしにくいと言われてる皮下脂肪についてどのようにしたら最も効率よく減らしていくことができるのかについての記事を書いていこうと思います。

1 皮下脂肪とは

皮下脂肪とは皮膚の下につく脂肪のことで内臓脂肪とは異なりその脂肪を燃焼するのに時間がかかります。どのようにして皮下脂肪がついてしまうかというと消費されなかったエネルギーが長年蓄積されることによって徐々に溜まっていきます。ということはまず、皮下脂肪をつかないようにするためには運動によって消費されるエネルギー量に対して食事によって得られるエネルギーを、なるべく小さくすることが大切です。なので沢山エネルギーをとるという方は日頃の運動が大切ですし、運動をあまりしない方はなるべくかじょうにカロリーを摂取しないことが大切になります。

2皮下脂肪を減らす方法

では、皮下脂肪が溜まってしまったという方はどのようにしてその脂肪を減らしていけば良いでしょうか。上記で述べた通り皮下脂肪は非常に落としにくい脂肪です。なので食事制限等によって減らすことはできません。

なので運動する必要性があるのですがどのような運動をすれば良いのでしょうか。その答えは有酸素運動です。筋肉トレーニングなどの無酸素運動ですと、酸素を体内にあまり取り込まないので脂肪燃焼があまり進みません。なので酸素を豊富に取り込む有酸素運動が適切であると考えられます。有酸素運動として代表的なのはウォーキングやランニングなどが挙げられます。ではどのくらいの有酸素運動をすれば良いのでしょうか。これに関してはまず激しすぎないことです。激しい、きつい運動ほど脂肪が燃焼されるのではと思いがちですが、激しい運動になるとより効率よくエネルギーを得るために脂肪ではなく糖を分解してしまいます。なのであまり激しい運動では逆に脂肪燃焼には繋がりません。程よい程度の有酸素運動をすることが大切になります。あと、もう一つ皮下脂肪を効率よく減らす方法としてあるのは筋肉トレーニングがあります。先ほど筋肉トレーニングなどの無酸素運動では脂肪が減らないと書いたのですが、確かに筋肉トレーニングのみだとあまり脂肪燃焼には繋がりません。ですが筋力をつけることによって基礎代謝が上がりよりエネルギーを消費するようになります。なので筋力トレーニングと有酸素運動を組み合わせてやることでより効率よく脂肪燃焼をすることができます。また、筋肉トレーニングによって基礎代謝が上がっている状態であると普段の生活においてエネルギー消費量が上昇しその結果使われないエネルギー量が減ることになるため脂肪がつきにくい体になります。なので皮下脂肪を減らしたい方は筋肉トレーニングと有酸素運動を組み合わせてやることが大切であると言えます。

最後に皮下脂肪を落とすことでより魅力的な体になります。その結果自分に自信を持つ事が出来、健康面以外にも心理的影響によって様々なブラス効果を生み出すことが出来ると考えられます。なので皮下脂肪が溜まっててそれを減らしたいと思っている方はぜひ有酸素運動と筋肉トレーニングを組み合わせて日頃の生活の中に組み込んでいったらいかがでしょうか。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。